犬の十戒

作者不明の有名な短編詩ですが、何度読んでも心に残る、とても素晴らしい詩なので、ぜひ紹介させていただきます。これから動物を飼われる方、今も飼われている方、動物が好きな皆様には是非とも読んでいただいて、何かを感じていただけると幸いです。

犬の十戒

  • 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいてください。
  • あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待っていてください。
  • 私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのです。
  • 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。
  • 話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声はちゃんと届いているから。
  • あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知っておいてください。
  • 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができても、あなたを傷つけないと決めていることを。
  • 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと・・・。
  • 私が年を取っても、私の世話をしてください。あなたも私と同じように年を取るのだから。
  • 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう診ていられない」、「私のいない所で逝かせてほしい」などと。あなたが隣にいてくれることが私の幸せなのだから。忘れないで下さい、私があなたを愛していることを。