院長紹介

腫瘤(できもの)・治らない傷でお悩みの飼い主様へ

体の表面、口腔内、耳の中にできものがあり、大きくならないように心配しながら生活されている方。 傷があり、かさぶたと出血を繰り返し、なかなか治らず、心配されている方。
いずれも腫瘍(ガン)の可能性があります。

『まだ小さいから様子見ましょう』と言われ、大きくなってから病院に行くと『もう手遅れです』と言われる。
このようなことは、まだ獣医療では多いように思われます。

しかし現在、腫瘍の研究が進み、できた場所により、悪性の可能性がどのくらいあるのか分かるようになってきており、切除が必要か細胞診検査も可能になっています。

また、例え良性であっても、場所により大きくなるとまずいことがあります。
眼が閉じない、関節が曲がらない、口が閉じない場合は命の危険もでてきます。
つまり、あっていい腫瘤はないということです。

小さいうちであれば、局所麻酔での切除も可能です。
大切な仔に何かできていましたら、ご相談ください。

できもの